FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

演奏会告知

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

もりログ

名古屋から送る、大学生の生活記録

益川教授

2010.06.01/Tue/16:36:20

7号館の辺りで、女の人と話しながら歩く白髪の教授がこっちに向かってくるのが見えました。
格好からして、はじめは大熊教授かと思いました。
が、話が絶対くだらないことで有名な大熊教授が、一般人と普通に会話ができるはずがありません。

よく見たら益川教授でした。
少し時間もあることだし、ミーハーな僕は後をつけることにしました。

益川教授は女性と別れ、北部に文房具を買いに来ました。
みんなミーハーじゃないのか、そもそも気づいてないか、周りの人は益川教授に無関心です。
入り口でアイスを食っていた作業着のおっちゃんが唯一益川教授に反応。
どこからともなく名刺やらプリントアウトした資料やらを取り出し、「感激だ」と言いながら一方的に話しまくっていました。

おっちゃんから離れ、文房具を手にとって見ている益川教授に話しかけました。
森「すいません、益川教授ですか?」
益「はい、そうですよ。」
森「いつもテレビで拝見しています。以前北門先生にお世話になりましたが、北門先生のことは覚えていらっしゃいますか?」
益「ええ、彼は僕の大親友ですから。」
森「そうですか。北門先生からも先生のお話はよく伺いました。では、失礼します。」
益「はい。」

もう少し話がしたかったんですが、講演がすぐ控えているらしかったので、短い会話しかできませんでした。
でも感激です。
スポンサーサイト



カテゴリ: 大学
tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

この記事に対するコメント

なんか、お前が賢い学生のような対応してるところが、鼻につくな。
もっと、ノーベル賞とってから、稼ぎ増えましたか?
とか下衆な質問しろよ。
URL | GEN #-
2010/06/04 17:38 * 編集 *

マジ無理ですって!笑
ぶっちゃけると向こうも急いでたため、文章以上にかまって欲しくないオーラを出されちゃいました。
稼ぎほど下衆な質問じゃないですけど、北門先生談の研究室時代の残念話をしようとしたのに、それも叶わずv-40
URL | MORIZO #-
2010/06/04 19:06 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://waldzo.blog19.fc2.com/tb.php/1117-fe665c44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top