05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

プロフィール

演奏会告知

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

もりログ

名古屋から送る、大学生の生活記録

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

配属面接

2011.02.01/Tue/15:14:10

ついに面接の日になりました。

moblog_210cc070.jpg

ピンぼけは、敢えてです。

今後の進路にかなり影響するので、しっかり準備して臨みました。
志望者は4人の枠に合計11人。予想通りです。

順番は11人中10番。待合室でB4の方とお話ししたり、ボウイング譜を書きなおしたりして時間を潰しました。
4時少し前に僕の順番になり、面接へ。
ドキドキですが、志望理由から無茶振りまで皆とかなり徹底的に練習したので、大丈夫!

面接が始まり、開口一番

M先生「じゃあとりあえず、例のレビューサイトで考えられる問題点を教えてください」


やられました。無茶振りも相当網羅しましたが、完全に想定外でした。
大学生活の中で1,2を争う想定外っぷりでした。
他の先生方もしれっとしてて、「皆知ってるのかー…」と思うとめっちゃ恥ずかしかったです。
一瞬テンパりましたが。あの突貫工事っぷりには我ながら言いたいことが山ほどあったので、色々言いました。
今になって考えると、倫理やマナー上の問題点を聞かれていたのかもしれません。やってしまった。

その後はチェロの話、TOEICの話、バイトの話、部活の話と続き、まるっきり世間話でした。
やっと出てきた卒研テーマと進路希望の話も合わせて2分弱で済み、
「まあこのくらいでいいですかね」
とT先生が他の先生方へつぶやかれ、終了。
最後に何か言いたい事どころか、志望動機すら言わずに(言えずに)終わってしまいました。汗

外で聞いていたB4の方に「早っ!」と驚かれ、そういえば異様に早いことに気づきました。
なんかもう、してやられた感が半端ないです。

とりあえず、インフルエンザに罹られたと噂のT先生がお元気そうでよかったです。
結果発表の9日まで、悶々と過ごします。
面接詳細(うろ覚え)

森「失礼します」
T先生「(僕が持ってたLoftの袋を見て)おっ、お土産ですか」
森「あ、ははいえいえお土産じゃないです。荷物多くてすいません。」

森「よろしくお願いします」
M先生「じゃあとりあえず、例のレビューサイトで考えられる問題点を教えてください」
森「えっとそれは、レビューの方ですか?それともあの、投票する方ですか」
M先生「ああ、どっちでもいいです」
森「わかりました。
あの、まずレビューサイトのほうなんですけど、あれはすでにある物を借りてきて手を加えただけなので、
あのー、やりたいことがやりきれませんでした。
あれをつくろうと思ったのがえっと、研究室見学が始まった金曜日の…次の月曜くらいなので、
ちょっと時間が足りませんでした。
それと投票の方なんですけど、あれは結局荒らされてしまったんですけど、
あれも本当は学籍番号とかで識別出来るようにしたかったんです。
あの、研究室見学する人の学籍番号の一覧はあるので、それを使って認証することもできたんですけど、
間に合いませんでした。
結局荒らされちゃって、その辺りが問題点かなと思います。」
M先生「はい、分かりました。」

T先生「チェロやってるってことだけど、チェロ背負ってるの?」
森「え?ああ、はい。たまに。」

T先生「うーん、英語は頑張らないとね」
森「はい…でも友達と、あのーTOEICで750点取らないと5000円相当のケーキを買わなきゃいけない約束をしてしまったので、春休みに本気で頑張ります」
M先生「あはは」
T先生「そうか、目標は750点ね」
M先生「ちなみに今は何点なの?」
森「あー、えっとTOEICのIPテストだけは受けたことがあるんですけど、それは500前半くらいでした」
M先生「んーなるほどね」

T先生「交…響楽団、は4年生になっても続けるの?」
森「それなんですけど、一応今度の5月の演奏会で一区切りがくので、その後は研究に支障が出ない程度に参加しようと思います。」
T先生「なるほど…バイトは、家庭教師と…個別指導…か」
森「はい。コンビニのバイトもやっていたんですけど、早朝の時間帯だったので体力的にしんどくて、1年半は続きましたが今はやってないです。」
T先生「まあ、研究室内にもバイトみたいなのはあるから、それをやるのもいいよ」
森「あ、(この間の)棚の整理みたいなのですか?」
M先生「あはは、あれは違う違う。あれは特別なやつだから」
K先生「もっとちゃんとしたやつもあるよ」
M先生「普段の掃除はお金出ないからね」

T先生「一人暮らしということだけど、経済的に自立してるということか…あ、でも生活費とかは貰ってるのかな」
森「はい、生活費は貰っていますが、バイトもやって補ってます。」
T先生「なるほどね」

M先生「あっそうだ、卒研テーマなんだけど、どれも○…あ、でも音声以外をやりたいのね」
森「はい。どれもやりたいんですけど、選べるとしたらその3つです。1番は行動で、2番は音響で、3番に音楽って感じですかね」
M先生「自動車は運転できる」
森「あ、はい、あのー、父も(実験車と同じ)エスティマなので」
M先生「あはは、そう。進路は博士まで希望されてるみたいだけど」
森「はい。それは強く希望しています」
M先生「はい。」

T先生「まあこのくらいでいいですかね」
M先生「じゃあこれで以上です。お疲れさまでした。」
森「はい、ありがとうございました。」
スポンサーサイト
カテゴリ: 大学
tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

この記事に対するコメント

レビューサイトの改善点の答えは、
「いま、この質問をされていることです」
じゃないかな?
URL | GEN #-
2011/02/02 21:21 * 編集 *

うまい!
URL | MORIZO #-
2011/02/02 21:56 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://waldzo.blog19.fc2.com/tb.php/1449-97ff055a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。