07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

演奏会告知

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

もりログ

名古屋から送る、大学生の生活記録

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管

2009.10.28/Wed/22:33:25

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
指揮 リッカルド・シャイー

ゲヴァントハウス管

げんちゃん先輩と、名古屋クラシックフェスティバルのコンサートを聴きに行きました。

ゲヴァントハウス管

先輩と席が離れてしまいましたが、裏側の席を譲ってもらいました。
コンマスと指揮者の動きがよく見えて、非常に面白いです。
バスの音が飛んでくるし、生音も聴こえてくるので、聴く分にも面白い位置でした。

宗教改革
やばかったです。いかにもメンデルスゾーンだなって感じでした。特に1楽章。
シベリウスと同じく、聴く分には凄く楽しいですけど、とても弾けそうにないです。笑
コンマスや指揮の動きが激しいし、Flのsoloも美しいし、感激しました。

ロマンティック
長いだけに、ちゃんと予習してきてよかったです。最後まで集中して聴けました。
3楽章が特に好きになりました。Vaの独壇場や金管のあのメロディーに嵌りました。
一番痺れたのは4楽章の弦ユニゾン。一瞬背中が痙攣しました。笑

vib.の動きが最高に滑らかだし、無駄な負荷が全くかかってなく、憧れました。
あんな綺麗なvib.や、スムーズな弾き方を目指したいです。
スポンサーサイト
カテゴリ: オーケストラ
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://waldzo.blog19.fc2.com/tb.php/787-cd32c99f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。